楽天ショップはSEOに向かない、SEOを割り切って戦略しなければならない【札幌市のセミナー情報】

サイトマップ
SEO対策WEBマーケティング講座
 

楽天ショップはSEOに向かない、SEOを割り切って戦略しなければならない

このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 楽天ショップはSEOに向かない、SEOを割り切って戦略しなければならない

いまや楽天市場はネット通販に欠かすことができない存在になっていますが、楽天市場に出店する場合はSEOが不利になることを理解する必要があります。


楽天市場を利用する顧客は多いので、楽天そのものに集客はありますから、SEOを実行しなくても集客はできます。出店ショップの中にはSEOを重視しない、割り切った考えを持っている経営者も多いかも知れません。


ではなぜ楽天市場がSEOに不利だと言われているのでしょうか。それにはいくつかのポイントがあります。


重要:楽天ショップがSEOに向いていない理由とは?


・独自ドメインが利用できない
・相互リンクができない(外部リンクの禁止)


楽天市場に出店するショップは独自ドメインを利用できないことがまずポイントとしてあげられます。
実際にはhttp://www.rakuten.ne.jp/gold/・・・などのURLが割り当てられます。サブドメインでもなくて、楽天ドメインの下の階層にショップが作られる形となります。


SEO対策を重視するときに独自ドメインであることが非常に大切なことです。ドメインの下の階層になるほど検索エンジンからあまり評価されない傾向があります。
例えば、プロバイダーで無料で使えるホームページスペースなどがこれにあたります。このような無料で使えるサーバーはドメインの下の階層に割り当てられていることが多くあります。


楽天市場に出店すると相互リンクができない仕組みになっています。楽天ショップでは他のサイトにリンクする行為である外部リンクを禁止しています。
楽天ショップから自社のサイトにお客様を誘導したり、楽天とは関係がないお申し込みフォームを作成したりするのを防止するためです。


相互リンクは本来そのドメインの内部からお互いにリンクを張り合う仕組みですから、相互リンクをお願いする機会が無くなってしまうことになります。
相互リンクができなくても被リンクを増やす方法は色々とありますが、無料で費用対効果の高い相互リンクがまったくできないのはSEO対策では致命的なことです。


結論:楽天ショップはSEOに向いていない


楽天ショップでは楽天の顧客をターゲットとした戦略を行う、独自ドメインのネットショップではSEO重視の戦略を行うことが必要になるでしょう。


関連記事
ヤフオクを使っている業者は限りなく多いがその現状はどうだろう
圧倒的な売上を誇るアマゾンのシステム
ネットオークションにはまる人が続出しているのが現状
ECのシステムとしては現在最高峰といって良いjavari
楽天検索のSEO対策上位表示の方法!楽天検索エンジンの仕組みと攻略法
楽天ショップのSEO対策のやり方・・・Google検索上位になるには
 

毎月札幌で交流会を開催しています。
ただいま参加者募集中です。
【詳細はこちら】