SEO効果と検索エンジンの関係、SEO対策の成功で変わること【札幌市のセミナー情報】

サイトマップ
SEO対策WEBマーケティング講座
 

SEO効果と検索エンジンの関係、SEO対策の成功で変わること

このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - SEO効果と検索エンジンの関係、SEO対策の成功で変わること

SEO効果で検索エンジンからの評価や、サイトの売上などはどのように変化するのでしょうか。SEO効果のメリットは何があるのでしょうか。この章ではSEO効果のメリットについて詳しく説明いたします。


SEO効果を出すためのポイント


 ① 特定キーワードだけのSEOは不安定になる
 ② SEOが上手いサイトほどサブページから来ている
 ③ ポータルサイトでは専門のライターを雇って更新させている
 ④ ページ数の多いサイトはSEOも有利
 ⑤ 適当に書いた記事は意味がない(個人ブログに多い)
 ⑥ コピーペーストした記事はペナルティがある


SEO効果とは、わかりやすく言えばサイトのアクセスが増えることです。検索エンジンから好かれるサイトを作れば結果的にSEOが上手くいってアクセスも増えます。しかし、検索エンジンからどのページにユーザーが来ているのかは関心が薄いのではないでしょうか。


検索エンジンから来る人はトップページとは限りません。しかしトップページからユーザーは来ていると勘違いしている人が意外と多いです。どこのページから来ているのかはアクセス解析を見ればわかります。


トップページから来るユーザーの割合


SEOが上手くいっているサイトほど、トップページから来るユーザーの割合は少ないでしょう。トップページに直接来ているユーザーは少なくて、トップページ以外から来ているということです。


これは意外と思われるかもしれませんが、SEOが上手くいっているサイトは99%がトップページ以外のページからユーザーが来ているのです。その場合はトップページから来ている人はたったの1%程度ということです。


サイトによっては50%以上のユーザーがトップページから来ている場合もあるでしょう。そのようなケースは狙うキーワードが絞られてしまっている専門的なサイトです。このようなサイトは検索上位になっている場合は、そのキーワードで来るユーザーが多いかも知れませんが、少し落ちてしまうと誰も来ないので非常に不安定なサイトです。


常にトップページが検索上位になっていないと、アクセスが増えないサイトはとても不安定なSEOです。キーワードが限定されてしまう場合は仕方がありませんが、できるだけトップページ以外からの来るように仕掛けないとアクセスも安定しないでしょう。


たまたま検索1位になった場合はものすごくアクセスが増えて、少し落ちてしまったら急にアクセスが減ってしまうSEOは不安定だということです。ですからトップページだけでなく、出来るだけ全てのページにユーザーが来るようにしなければなりません。


サイトの全てのページにユーザーが来ているサイトはSEOも安定するのです。そのようなサイトは地味ながらも確実にアクセスを稼いでいます。


なぜポータルサイトはアクセスが多いのか


検索上位になっていないサイトでも、多くのアクセスを集めいているサイトもあります。ポータルサイトがその良い例です。なぜポータルサイトはアクセスが多いのでしょうか。ポータルサイトがSEOに専念しているような話は聞いたことがありません。


それでもポータルサイトに誰かがアクセスしています。アクセスする場合は、たまたま検索エンジンで検索したらポータルサイトの記事が引っかかった場合が多いのではないでしょうか。それは、たまたま偶然だったのでしょうか。


実はポータルサイトは、専門のライターや記者を雇って多くの記事を書かせています。しかも毎日定期的に更新のように書かせています。ですから大手ポータルサイトは毎日数ページ~数十ページも更新しているのです。更新しているとはページ数が増えているということです。


ページ数とSEO効果の関係


このページ数が増えることSEOには密接な関係があります。簡単に言えば、ページ数の多いサイトほどSEOでは有利ということです。特にGoogleではその傾向が強いです。Googleはページランクが高くても必ずそのサイトが検索上位になるわけではないのです。


Googleは、キーワードの対して一番適切な文章のあるページを上位にする傾向があります。ページとはトップページとは限りません。サブページ(下階層)も含めて全てが検索の対象になっているということです。


ですから、ライターがある分野に対して専門的な記事を書いたとすれば、そのページはキーワードに対して検索上位になる可能性が高いのです。ポータルサイトは多くのページが専門のライターを雇って書いた記事なので、各ページは非常に強いSEO効果があるのです。


もちろん専門のライターを雇うとそれなりの人件費がかかるでしょう。記事の内容にもよりますが、1000文字程度の記事に対して1~4万円の原稿料金がかかります。高いと思われるかも知れませんが、WEBに載せる記事は、雑誌に載せる記事より単価が安いのです。


駄目な記事の例


逆に駄目な例を上げると、適当に書いた記事ほど検索上位になりません。適当に書いた記事はSEO効果がまったくありません。適当とはわかりやすく言えばブログに適当に今日の気持ちをつぶやいたような記事です。


個人ブログのアクセスがないのは、記事を適当に書いてしまうからです。何となく適当に書いた記事は被リンクも増えないのでSEO効果がありません。このような記事はネット上に溢れています。


また、どこからかコピーして張り付けた記事は検索上位になりません。よくありがちなのは、商品のスペックを書くとき、公式サイトからそのままコピーして張り付けて記事を書いてしまうケースです。ネットショップなどで多く見られますので注意が必要です。


商品のスペックをコピーするだけなら著作権的にも問題ないでしょう。しかし、公式サイトと同じ内容ならば検索エンジンからペナルティを与えられてしまう可能性があります。あるいは同じ記事が他のサイトでも多く使われているので、似たような記事の中に埋もれてしまうでしょう。結果的にアクセスを獲得することができません。


SEO効果とブックマーク


SEOとは、検索エンジンから新規のお客様を増やす方法です。検索エンジンからキーワード検索で来たユーザーは新規のお客様が多いでしょう。なぜならば既にそのサイトが気に入っているユーザーはブックマークを利用して来るからです。


ブックマークを利用して来ている人は完全なリピーターであって、そのサイトの何かについて興味があります。何かについては人それぞれです。もしかすると情報が目当てできている可能性もあります。


どのページにブックマークで来ているかはアクセス解析をみればわかります。必ずトップページから来ている訳ではないと理解できるでしょう。ユーザーはトップページだけにブックマークする訳ではありません。


例えば、ショッピングモールであれば、ある商品が気になったとき、その商品ページを直接ブックマークします。ですからブックマークで来る人は、気に入ったページに直接来ている事が多いのです。トップページにブックマークしている人はそのサイト全体が気に入った人だけでしょう。


関連記事
初心者は格好のターゲットになっている
SEOは確かに重要だが知らないと損することも多い
googleのSEO対策は簡単ではない理由を知ることが大切です
独自ドメインは年間数千円のコストで大きなメリットがあるので不可欠である
書籍を検索エンジンで探すときは具体的な品名を入力する
googleダンスはやっかいもの、ダンスに惑わされないようにSEOしよう
商品によっては口コミの効果は大きいですが、SEOはあまり期待しない方がいい
SEOで有名な鈴木 将司は、SEOセミナーでも超有名です
YAHOOカテゴリには料金がかかりますが、カテゴリに登録すると評価がわかる
無料サーチエンジンはいろいろありますが、登録には十分気をつけましょう
ライバルサイトのSEOを蹴落とす事はできるか、本当に可能な方法
SEO対策は急ぐな!SEOで失敗する危険な方法とは
SEOは加点評価で決まる、SEOを成功させる評価の仕組みを知ろう
YAHOOで上位になるサイトの傾向とは?YAHOOからわかるSEO対策
GoogleのSEO対策、YAHOOに導入されるgoogleエンジンの仕組み
成功報酬型サービスのSEO効果はあるのか?業者に頼む前に理解すること
SEO対策の基本を知ろう、サイトを自分で上位表示する秘策
本来のSEO対策(Google対策)、これからのSEO対策
SEO対策とは何だろうか、SEOの本当の意味を理解しよう
Googleに嫌われる理由とは?SEO対策でやってはいけない裏技
成果報酬型SEOサービスは上位になるのか?費用とSEO効果を検証
鈴木将司とは評判(レビュー)は良いのか?SEOセミナーの評判などの検証
鈴木将司のSEOセミナーに関する評価、SEO対策のカリスマ・コンサルタント
アドワーズにSEO効果はあるのか【アドワーズの利点と欠点を検証する】
 

毎月札幌で交流会を開催しています。
ただいま参加者募集中です。
【詳細はこちら】