キーワードがないとSEOにならない!キーワードは最重要事項【札幌市のセミナー情報】

サイトマップ
SEO対策WEBマーケティング講座
 

キーワードがないとSEOにならない!キーワードは最重要事項

このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - キーワードがないとSEOにならない!キーワードは最重要事項

SEOの基本はキーワードを含ませること、しかし実際にはできていないサイトが多いSEO対策では狙うキーワードを決めて行うことが必要ですが、キーワードに対してのSEO対策とは何を行えばよいのでしょうか。


検索エンジンを利用するユーザーは検索キーワードを入力してサイトを探そうとします。


キーワードを入力する訳ですからそのキーワードにマッチングしたサイトが優先的に検索上位に表示されることになります。


重要:キーワードが無いとは?


 ・そもそもページにキーワードが含まれていない
 ・タイトルや見出しにキーワードが含まれていない
 ・本文には適度にキーワードを含ませる


しかし、実際のWEBサイトの多くはSEO対策をあまり意識していないのか、狙いたいキーワードがはっきりしなかったり、キーワードそのものが不明なサイトも多く存在します。


例えば、時計を販売するサイトならば、時計を販売することをページの中にテキストで記載する必要があります。
キーワードは実際にテキストで記載しなければ意味がありません。キーワードを画像で表示していたり、FLASHで表示していても検索エンジンはキーワードを読み取ることができません。


キーワードを記載する場所として重要なのがタイトルタグになりますが、実際にSEOが上手くいっていないサイトはタイトルタグの中にキーワードが含まれていない傾向があります。


ページのタイトルタグ(タイトルバーに表示される)にはキーワードを含ませることがSEOの基本となります。実際にはキーワードが含まれていないサイトが多いので、そららのサイトは検索上位になっていません。


検索エンジンはページの中の見える部分にキーワードがないと、そのページが何のページなのか何のサイトなのか認識することができないので、結果的に検索で上位にならないのです。


結論:ページにはしっかりとキーワードを含ませる


ページの本文の中にも適度にキーワードが含まれている必要があります。一般的にはページ全体に対して5%を含ませることが良いと言われます。


この5%とは多くもなく少なくもなくという意味と考えた方がいいでしょう。キーワードが少なすぎると検索エンジンがあまり評価しなくて、多すぎるとスパムとして検索結果から落とされることがあるからです。


関連記事
googleは優秀なコンテンツを探すのに便利なツールである
本当のSEO対策はサイト全体のアクセス数を押し上げる効果がある
リンクをクリックときは、文字情報に強く興味をもっている
人気のあるサイトほど自前でコンテンツを用意していない、コンテンツが集まる仕組みを作ろう
本を買う顧客はどんなキーワードで検索するのか、キーワードの組合せは無限大になる
エンターテイメント性が必要、面白い楽しいサイトは自然に人気サイトになる法則がある
直帰率はアクセス解析で確認しよう、SEOと直帰率は大きな関係がある
ちょっとしたミスでSEOがダメになる!ミスを防ぐ確認方法とは
中小企業は自然に被リンクが集まらない?大手企業とは違うSEO対策が必要
ほったらかしでもSEOは成功する?!ほったらかすで上位になる仕組み
更新しなくてもリピーターが増える?リピーターが増える3つのタイプ
トップページからのリンクとSEO効果、まずはトップページから直リンクせよ
Googleに好かれるサイトになるには?Googleの本格的なSEO対策
口コミ広告(ブログ広告)のSEO効果はあるのか?費用対効果を検証する
ブログはなぜSEO対策に強いのか、ブログが検索上位になる理由
FLASHトップページでSEO対策は可能か?フラッシュコンテンツで検索エンジン対策
ブログSEOのテキストの書き方の基本!文章の書き方で集客できる
グーグルで上位表示する方法とは?SEO対策のコンテンツ制作の基本
トップページのテキストとSEO効果を検証、テキストの書き方で上位表示する
 

毎月札幌で交流会を開催しています。
ただいま参加者募集中です。
【詳細はこちら】