ブログSEOのテキストの書き方の基本!文章の書き方で集客できる【札幌市のセミナー情報】

サイトマップ
SEO対策WEBマーケティング講座
 

ブログSEOのテキストの書き方の基本!文章の書き方で集客できる

このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - ブログSEOのテキストの書き方の基本!文章の書き方で集客できる

ブログのテキストの書き方で基本となる事はいくつかあります。基本的なことを意識するだけで文章力が格段にアップします。ここでは文章の基本的な書き方と、SEOを意識した文章について説明したいと思います。


文章を書くときの重要ポイント


 ① タイトルを少し長めに書く
 ② タイトルは「、」「。」などを含める
 ③ タイトルに狙うキーワード(SEO)を含める
 ④ 本文に狙うキーワード(SEO)を含める
 ⑤ 本文は2~4行毎に段落を入れる
 ⑥ 見出しを入れて本文を区切る


文章を大きく分けるとタイトル(題名)、見出し、本文に分けられます。タイトルはある意味でとても重要です。ほとんどの場合はタイトルを読んだだけで、その本文を理解して読むか読まないか決めているからです。ですからタイトルの書き方が悪かった場合は、本文を読んでもらえない可能性があります。


タイトルの書き方の基本


ブログを書くときでも最初にタイトル(題名)を書きますが、タイトルを適当に書くと読んでもらえない可能性があります。本文の内容を的確に表現するようなタイトルを書く必要があります。タイトルを書くときは少し長めの文章でも構いませんが「、」「。」などをタイトルに含めると読みやすくなります。


タイトルは少し長めに書く方が表現の幅が広がるのでいいのですが、すべての文章を繋げてしまうと非常に読みにくい文章になります。
「、」「。」などで一度区切ってみるだけでも、読みやすいタイトルになります。


「タイトル」の書き方:「、」で区切る
良い例:日本と中国の未来の違いを考えてみる、国民の意識の考え方で未来も変わる。
悪い例:日本と中国の未来の違いを考えてみる国民の意識の考え方で未来も変わる。


更にSEOを意識してタイトルを書くと、自然と顧客が集まるサイトになるでしょう。SEOでもっとも重要となるのは本文よりもタイトルになります。タイトルに含まれているキーワードがもっとも重要となります。タイトルに含めるキーワードで集客できる顧客も違ってくるのです。


もちろん本文にもSEOとなるキーワードは含めますが、タイトルに含まれるキーワードの方が優先されて強くなります。ですから強調したいキーワードは必ずタイトルに含ませることです。もちろんそのキーワードは上位を狙いたいキーワードです。


「タイトル」の書き方:狙うキーワード「不動産」「ビル」の場合
良い例:不動産のビル管理者であるオーナーは、運用の管理を徹底しよう。
悪い例:管理者であるオーナーは、運用の管理を徹底しよう。


このようにタイトルはSEOの要となる部分なので、しっかりと意識してキーワードを含ませることが大切です。更にタイトルをしっかりと作り込むことで本文の趣旨も明確になりますので、本文も楽に書くことができます。


タイトルを作った時点で、SEOで狙うキーワードも決めた訳ですから、それに沿うように本文の制作にとりかかればよいのです。では本文ではどのような書き方が基本となるのでしょうか。書き方についていくつかのポイントを整理したいと思います。


本文の書き方の基本


本文でもSEOを多少意識して書くとよりわかりやすくて、顧客を引きつける文章になります。SEOを意識するとはキーワードを本文に含めることです。ですから含めるキーワードは既に決まっている必要があります。


タイトルを書いたときに既にキーワードを決めたので、それを使えばよいのです。特に重要な部分は本文の始まりの部分です。本文の始まりの部分はSEOに強く関連する部分だからです。ですからキーワードを本文の始めに含ませることが必要です。


キーワードを本文の始めに含ませることで、キーワードが強調されて検索上位になる可能性があります。キーワードと言っても、1つだけのキーワードを含ませる訳ではありません。2つの組み合わせとなるキーワードを含めなければなりません。


「不動産」というキーワードを含ませる場合でも、それだけでは意味が広すぎて検索上位になっても意味がないかもしれません。もう少し絞って「ビル」のキーワードも含めると検索上位になる可能性も大きくなります。


つまり、「不動産」「ビル」で検索したときにその文章が検索上位になる可能性が出てくるということです。しかし実際にはこれだけでも人気の高い組み合わせなので、簡単には検索上位にならないかも知れませんが、もっと詳細に検索する人にとっては意味があります。


例えば、
「不動産」「ビル」+「関東」
「不動産」「ビル」+「空き室」
「不動産」「ビル」+「管理」
など追加キーワードを入れて検索する場合もあるでしょう。そのような複雑なキーワードで検索されたときでも上位になる可能性があるのです。


ですから主体となるキーワードの組み合わせを入れれば、後は検索エンジンに任せればよいのです。その状態でも主体となるキーワードを中心として、いろいろな組み合わせで検索されるのです。


見出しの書き方の基本


「見出し」を使うと文章がわかりやすくなります。ブログでは見出しを入れるケースはあまり見られませんが、見出しを入れた方がすっきりとして読みやすくなります。ではそもそも見出しとはどのように使うのでしょうか。


見出しの使う部分は、文章の内容が切り替わった部分で使います。例えば、最初に「不動産」の話題を書いていて途中から「マンション」の話題に変わった場合に使います。話題が切り替わった部分に見出しを挿入すればよいのです。


見出しを入れると文章がわかりやすくなると同時に文章にもメリハリが付きます。見出しがないとダラダラとした長い本文に見えて、何を言いたいのかわかりにくくなります。特に本文が長くなる場合は、見出しを入れていくつかに区切った方が読みやすいでしょう。


本文に段落を入れて区切る


本文を読みやすくする意味では、段落を付けてしっかりと区切った方が読みやすいです。段落がない文章だと区切られている部分がないので、だらだらと長くて意味がわかりにくいからです。2~4行程度の文章を書いたら段落を入れて区切ることが必要です。


このように本文を書くときは見出しを挿入して、更に本文を2~4行毎に段落も入れて区切ることで読みやすくなります。区切ることで文章の内容にメリハリが付いてわかりやすくなるということです。


ちょっと手間はかかるかもしれませんが、文章の書き方を一工夫するだけで、読みやすい文章になるのです。色々な人に読んでもらうことで結果的に顧客になってくれる可能性も高くなります。


関連記事
googleは優秀なコンテンツを探すのに便利なツールである
本当のSEO対策はサイト全体のアクセス数を押し上げる効果がある
リンクをクリックときは、文字情報に強く興味をもっている
人気のあるサイトほど自前でコンテンツを用意していない、コンテンツが集まる仕組みを作ろう
本を買う顧客はどんなキーワードで検索するのか、キーワードの組合せは無限大になる
エンターテイメント性が必要、面白い楽しいサイトは自然に人気サイトになる法則がある
直帰率はアクセス解析で確認しよう、SEOと直帰率は大きな関係がある
キーワードがないとSEOにならない!キーワードは最重要事項
ちょっとしたミスでSEOがダメになる!ミスを防ぐ確認方法とは
中小企業は自然に被リンクが集まらない?大手企業とは違うSEO対策が必要
ほったらかしでもSEOは成功する?!ほったらかすで上位になる仕組み
更新しなくてもリピーターが増える?リピーターが増える3つのタイプ
トップページからのリンクとSEO効果、まずはトップページから直リンクせよ
Googleに好かれるサイトになるには?Googleの本格的なSEO対策
口コミ広告(ブログ広告)のSEO効果はあるのか?費用対効果を検証する
ブログはなぜSEO対策に強いのか、ブログが検索上位になる理由
FLASHトップページでSEO対策は可能か?フラッシュコンテンツで検索エンジン対策
グーグルで上位表示する方法とは?SEO対策のコンテンツ制作の基本
トップページのテキストとSEO効果を検証、テキストの書き方で上位表示する
 

毎月札幌で交流会を開催しています。
ただいま参加者募集中です。
【詳細はこちら】