投資対効果の検証方法と考え方【投資を無駄にしない対策】【札幌市のセミナー情報】

サイトマップ
SEO対策WEBマーケティング講座
 

投資対効果の検証方法と考え方【投資を無駄にしない対策】

このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 投資対効果の検証方法と考え方【投資を無駄にしない対策】

投資対効果を検証することでいろいろな対策を考えることができます。このページでは投資対効果について詳しく説明しましょう。


投資対効果(費用対効果)とは、投資に対してどの程度の売り上げが見込めるのかという考え方です。結論から言えば投資に対して正確なデータがなければ、どの程度の投資対効果も期待できるのか正確には出てきません。


投資対効果(費用対効果)の予測


しかし、ある程度の予測をすることが大切です。投資後の売上の見込みという形でもいいので、この程度の売上が上がるのではないかという予測することが大切です。そうしなければ、一方的に無駄な投資をしてしまう可能性があります。


ビジネスではどのようなジャンルでも先行投資が必要となります。先行投資に対してどの程度の回収が見込めるのか考えることが大切です。投資費用が回収できなければ結果的に赤字になります。

ですから、投資対効果を考えるとき回収という所に重点を置いて考える必要があるでしょう。そのときに回収できる期間を考える必要があります。


回収できる期間がわかれば投資する費用も考えやすくなります。例えば、1ヵ月の利益が100万円だと考えれば、6ヵ月で600万円の利益になります。半年で投資を回収したいと考えれば600万円までは投資できると考えられます。


回収期間が重要課題


このように期間を考えると投資する金額も考えやすくなります。投資対効果を考えるポイントとしては、どのくらいの期間で回収できるのかという事を考えなければなりません。


短期的に考えると無駄に思える投資もいっぱいあるでしょう。しかし、長期的に考えると無駄にはならないという投資もいっぱいあります。ビジネスを行う上では長期的な視野で考えることも必要です。


短期的には即効性がない場合でも、長期的には効果的な場合もあるということです。ですから、投資対効果を考えるときには、どの程度の期間で回収できるのかを念頭に置いておかなければなりません。


WEBマーケティングの中では、即効性の無い投資もいろいろとあります。例えば、SEO対策を行う場合は即効性が期待できません。SEOでWEBサイトにお客様を集客させるのには、ある程度の期間がかかります。


SEOを行ったから直ちにお客様を集客できる訳ではありません。ですから、投資対効果を考える場合は長期的な視点で考えなければなりません。長期的な視点とは数ヵ月や数年単位で考えなければならないということです。


長期的な視点で考えると、期間が長くなるほど元が取れて得をすることになります。つまり投資したビジネスを続けている限り回収できる期間が長くなります。ですから投資対効果も高くなると考えられるのです。


関連記事
マスメディアとマーケティングの意外な関係。事の発端はマスメディアかも
アバターはあなどれないほどの収入源になっている
ブックマークされるサイトは実は人気サイトでもあった
YAHOOは相変わらずの人気ポータルサイトなんですが。。。
これからの時代はモバイルマーケティングが活発になっていく
携帯端末でメールを見る理由は、常に手元にあること、手軽に閲覧できることが全体の8割以上を占める。
簡単に自分のサイトにアクセスしてもらえるQRコード
穴のあいた鍋はネットでは絶対に売れない、商品力をおろそかにしてはいけない
ソフトは頻繁にバージョンアップするがその費用対効果はいかがだろうか
ネット・ブランディングの方法と対策、ブランドイメージを認知させる戦略とは
WEBマーケティングの種類と戦略、ECサイトが成功する秘訣
 

毎月札幌で交流会を開催しています。
ただいま参加者募集中です。
【詳細はこちら】