ブログのネタを効率よく探す方法はある?更新に使えるネタ探しのテクニック【札幌市のセミナー情報】

サイトマップ
SEO対策WEBマーケティング講座
 

ブログのネタを効率よく探す方法はある?更新に使えるネタ探しのテクニック

このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - ブログのネタを効率よく探す方法はある?更新に使えるネタ探しのテクニック

ブログのネタを普段から探している人は多いでしょう。日本人は世界的に見ても、もっともブログを利用している人種です。世界のブログの37%は日本語でかかれたブログなので、いかに日本人の多くがブログを開設して運営しているのかが伺えます。


面白いネタから面白い記事を書く方法


 ① ネタを適当に探さない(適当なネタでは適当な記事しか書けない)
 ② 相手が興味を示してくれるネタを積極的に探す
 ③ どのページを見てくれているのかチェックする
 ④ 人気ブログの記事の書き方も研究してみる
 ⑤ ネタがないのなら見つかるまで書かない


ブログのネタを探すタイプの人と探さないタイプの人がいると思います。ブログのネタを探さないタイプの人は普段の生活の中で日記を付けるような感覚でブログを書いています。普段の生活の中や仕事の中で得た情報から書いているのでネタを探さなくてもいいのです。


ブログのネタを探すタイプの人


それに対して、ブログのネタを探すタイプの人はネット上から面白い情報を探してきて書いています。インターネットはあらゆる情報が溢れていますが、本当に面白い情報はごく一部しかありません。ブログを運営している人がそれらの面白い情報を集めてくれるのです。


ですからそのようなブログのネタを探すタイプの人は探すことに専念しているので、結構な時間がかかっているのです。もちろん探してきた情報を整理して更に面白い記事にできるように工夫して書いています。


面白い記事を書いているブログはわかりやすいという特徴があります。一見すると素人が書いているように見えるかもしれませんが、わざと分かりやすく書いているのです。一般的なマスメディアでも同じですが、分かりやすく説明しないと中々読んでもらえないからです。


逆に人気のないブログとは?


逆に人気の無いブログは意味不明なことを書いている場合が多いです。読んでも意味が理解できなかったりします。そのような人はある意味で適当にブログを書いているだけのことです。適当に書いているだけなので意味不明な文章で、読んでもよくわからない文章なのです。


しかし本人としては結構真剣に書いているつもりなので注意が必要です。何でもそうですが自分がやっていることの欠点はわかりにくいものです。誰かに指摘されない限り自分の欠点はわからないので、そのままの状態でだらだらと書いてしまったりするのです。


もちろん、ブログを書くことが仕事ではないですからキチンとした文章を書く必要がないのかも知れませんが、少しは読んでくれる人の立場に立って書いてみてもいいのではないでしょうか。それによって文章がわかりやすくなったり、面白くなったりすることは大きなメリットがあるはずです。


そもそも面白い記事とは何だろう


そもそも面白い記事とは何でしょうか、何に対して面白いと思ってもらえるのでしょうか。面白いと思ってくれる文章とは相手が興味を示してくれる文章のことです。例えば、そのページをブックマークしてくれるとかサイトをブックマークしてくれるとかと考えれば分かりやすいでしょう。


ブックマークしたという事は、少なくてもそのページに興味があったということです。アクセス解析を見ればどのページがブックマークされているのか簡単にわかります。ですからブックマークされているページは面白かった(興味を持たれた)ということなのです。


でもそれは既に結果論であるとも考えられます。ネタを考える事と、既にブックマークされたページは直接関係がありません。既に書いてしまった文章が理解できるだけで、それに対してネタを考えるというのは別問題になります。


なぜブックマーク(お気に入り)を利用するのか?


そうではなく、まずはブックマークされたページを研究してみるのも面白いと思います。ブックマークされたのには相当の理由があるはずです。それらの情報が面白かったのか、掲載した画像が面白かったのか何かしらの理由があるからブックマークされたのです。


ブックマークしたのはあくまでも相手のことですから、相手がなぜブックマークしたのかその理由を研究してみるといいのです。そうすることでブックマークする理由がはっきりとしてくるはずです。その理由をちょっと考えてみることが必要でしょう。


ブログのネタを探す方法ですが、まずブックマークされた理由が理解できていることが前提となります。理由がはっきりとわかった場合は、ネタを探すのも少しは楽になります。既に相手がブックマークしそうな理由が理解できている訳ですから、それについてのネタを探せばよいのです。


理由というのは何に対して興味を示したのかということです。それは既にページの中に含まれているはずです。ですから興味を示しそうなネタを探す感覚を身につけるということです。しかし、これは簡単に身につくものではありません。


人気ブログの運営者に学ぼう


普段ブログを更新していく中で、相手が何に興味があるのかを悟っていく、感覚として理解していくのは結構大変なのです。しかし、その感覚を身につけた人達は既に多くのアクセスを集める人気ブログを運営していることも事実なのです。


その人達は人気ブログを適当に更新している訳ではありません。確実に興味を示しそうなネタを探してきて記事を書いているのです。ですから自分が書きたかったから適当に記事を書いているのとはちょっと違うのです。


だいたい多くのアクセスを集めている人気ブログは月に数十万ページビューのアクセス数があります。これは一般的なブログの100倍程度と考えると分かりやすいです。一般的な個人ブログでは月に3000ページビューもありません。


一般的なブログとは、普通の人が適当に運営しているブログのことです。そのようなブログでは月に3000ページビューもないのです。1日にすると100ページビューあるかないかです。でもそのようなアクセス数が少ないブログが大半を占めることも事実です。


人気ブログはなぜ面白い記事を書けるのか


人気ブログを運営している人はなぜ面白い記事を書けるのでしょうか。そもそもネタが面白いから人気ブログになる訳ですが、それはその人の才能なのか、それとも何か特別なテクニックがあるのでしょうか。


少なくても人気ブログを運営している人には才能はあります。ブログを書くと言っても、その分野では非常に多くの知識があるわけですから誰にでも簡単に真似できる才能ではありません。しかし、才能だけでは面白いネタを探すことも、面白い記事を書くこともできません。


面白いネタを探すテクニックを身につけていったということです。そのテクニックとは、相手が興味を示すネタを探すテクニックです。ネタが面白いわけですから当然面白い記事が書けるわけです。


このように一見すると人気ブログの運営者は超人にも思えるかも知れませんが、テクニックさえ身につければ誰でも超人になれる可能性があるということです。もちろんそれなりの努力が必要ですが、努力した中でテクニックを覚えていくということです。


適当に書いて普通のブログを運営するか、努力して人気ブログを運営するかは人それぞれでしょう。しかし、ちょっとでもブログにアクセスを集めたい、ネットの中で人気者になりたいと思っているのならば、挑戦してみるのも面白いかもしれません。


人気ブログの運営者は才能だけではないです、テクニックと努力があったから超人になれた理解できるだけでも、今後のブログ運営に役に立つかもしれません。


関連記事
HPは自分で作った方がいいか、それもと業者に頼むべきか
画像制作はWEB制作の肝である、画像制作ソフトを使いこなせることも必要
日本では95%以上の人がIEを使っている
パンくずリストがあった方がいいと言われている
法人個人ともに人間関係は大切です。上司の言うことは素直に聞きましょう。
プログラマーとデザイナーの仲は良いのだろうか
 

毎月札幌で交流会を開催しています。
ただいま参加者募集中です。
【詳細はこちら】