ネット・ブランディングの方法と対策、ブランドイメージを認知させる戦略とは【札幌市のセミナー情報】

サイトマップ
SEO対策WEBマーケティング講座
 

ネット・ブランディングの方法と対策、ブランドイメージを認知させる戦略とは

このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - ネット・ブランディングの方法と対策、ブランドイメージを認知させる戦略とは

ネット・ブランディングとは、インターネットを利用してブランドイメージを認知させる戦略のことです。ブランディングの方法は、広告などを利用する場合が多いですが、ネットの中では広告を使わなくてもブランディングできる方法がいくつかあります。この章ではネット・ブランディングについて詳しく説明いたします。


企業がブランドイメージを認知させる為に広告を出して、一定のイメージを消費者に認知してもらうのは大切なことです。企業の規模が大きくなるほど、ターゲットとなる消費者層も広がる訳ですから、ブランドイメージをしっかりと固めないと、他の企業との差別化が難しくなってしまいます。


ネット・ブランディングに必要なもの


 ① 何を伝えたいかしっかりと決める
 ② 他社との違いを考える
 ③ 宣伝する予算を確保する
 ④ バナー、リスティング、SEOのどれに力を入れるのか決める
 ⑤ 予算が少ない場合はSEOだけに力を入れる


その為にはどんなイメージを消費者が求めているのか、しっかりと理解しておくことも必要でしょう。現在の消費者の求めているイメージもいろいろとあると思います。例えば、エコをイメージできるもの、低価格をイメージできるもの、安心感をイメージできるもの、最新技術をイメージできるもの、などいろいろとあるでしょう。


このようなイメージ戦略の中で企業がどのようなイメージをもってもらいたいのか、しっかりと決めていかなければなりません。消費者は商品を選ぶときブランドイメージを大切にしています。販売価格ももちろん必要な要素ですが、ブランドイメージがしっかりとできているほど価格に左右されることがなく販売できるでしょう。


バナー広告の効果と費用


ネット・ブランディングの方法としていくつかの対策はあります。いちばん手っ取り早いのはお金を払って広告を出す方法でしょう。いわゆるバナー広告などが一般的な方法です。バナー広告は468×60ピクセル程度の広告をウェブサイトに貼って宣伝する方法です。


バナー広告は非常に多くの人の目にふれますので、多くの人に認知してもらいたい場合には最適な広告です。だいたいバナー広告の相場は、1ページビューが1円程度なので、100万円あれば100万ページビューを保障することができます。


100万ページビューとは、想像が付かないかもしれませんが小規模なポータルサイトが月に獲得するページビューと同じ規模です。ちなみに個人のブログは月に3000ページビューもありませんので、それと比較するとかなり多いのが理解できるでしょう。


ただ勘違いしてはいけないのは、100万ページビューは100万人に見てもらったという訳ではありません。1人のユーザーはそのサイトで平均して2~3ページをみるので、ページビューもその分増えてしまうのです。ですから100万ページビューは、30万人~50万人のユーザーの目に触れたと考えることができます。


更に実際にバナーがクリックされる割合は非常に少なくなります。一般的にはバナーのクリック率は0.1%とも言われています。これはページビューに対してなので、1000ページビューあれば1クリックされる程度なのです。


バナー広告の費用対効果


ですから、バナー広告はクリック数に対しては非常に割高になります。1000ページビューで1クリックされるとすれば、1クリックに対して1000円を払っているのと同じことなのです。たったバナーを1クリックされる為に1000円を払うのは費用対効果としては悪いと考えられます。


ですから、バナー広告は多くの人の目に触れることを目的として利用するのが正解です。逆にクリックさせることを目的とするのには向いていない広告です。もしクリックさせることを目的とするならばリスティング広告を利用した方が割安になるでしょう。


リスティング広告ならば、クリック単価を数十円で入札してもクリックしてくれる場合があります。人気キーワードになるほどクリック単価は高騰する傾向がありますが、一般的なキーワードであればクリック単価100円もあれば十分入札できます。


リスティング広告の欠点として、クリックされるまでどのようなサイトかわかりにくい所があります。バナー広告では、クリックする前でもバナー画像が表示されていますので、リンク先の内容がある程度イメージできます。しかし、リスティング広告はクリックしてみないとリンク先のイメージが理解できない欠点があります。


ですから、バナー広告を多くの人に見てもらう目的として、ブランディングしていきたい場合のみバナー広告は向いていると言えます。クリックされることはあまり期待してはいけないということです。


SEOもブランディングに使える


ネット・ブランディングの方法として現在はSEOも注目されています。なぜならば、多くの人が検索エンジンを利用して毎日キーワード検索を行っているからです。ではSEOを利用したブランディングとはいったいどのような方法なのでしょうか。


キーワード検索したときに上位表示できれば、ウェブサイトを多くの人にみてもらうことができます。簡単に言えばそれがブランディングのやり方です。しかし、人気のあるキーワードほど検索上位になるのは簡単ではありません。


確かに検索上位になれば多くの人にウェブサイトをみてもらうことができる訳ですから、SEOはブランディングとして利用できます。そのような検索上位のサイトはブランドイメージがどんどん認知されていくでしょう。


では人気キーワードで検索上位にならなければブランディングは無理かと言えばそうとも言い切れません。検索キーワードはいくつかの言葉を組み合わせて入力する場合が多いので、複数キーワードで上位表示できればよいのです。


複数キーワードで上位表示できればよいので、それができればサイトの訪問者も増えて、結果的にブランディングできるチャンスは大きくなります。そのために複数キーワードでも上位表示できるようにウェブサイトも工夫する必要があるでしょう。


このように複数キーワードで検索されて、結果的に何度もウェブサイトに訪問してもらうことでブランドイメージを認知してもらえます。1度だけの訪問では難しいです。ブランドイメージを伝える為には何度も訪問させることが必要です。


バナー、リスティング、SEOのブランド戦略


大手企業は何度も訪問させるために、バナー広告、リスティング、SEOと様々な戦略を行っています。
このように様々な場面でユーザーの目に触れればブランディングも成功しますが、その分予算も多くかかりますので、この戦略は予算の規模が多い大手企業に限られてしまいます。


予算が少ない中小企業の場合は、SEOだけに力を入れてブランディングを行うのも良いでしょう。SEOが成功すれば多くのお客様に訪問してもらえる可能性があります。しかも検索エンジンを使って来たユーザーは顧客になってくれそうな、興味のある人達が多いですからチャンスも大きいのです。


SEOとブランディングは一見あまり関係がないと思われるかも知れませんが、SEOが成功することはブランディングでも成功するのと同じと考えていいでしょう。


関連記事
マスメディアとマーケティングの意外な関係。事の発端はマスメディアかも
アバターはあなどれないほどの収入源になっている
ブックマークされるサイトは実は人気サイトでもあった
YAHOOは相変わらずの人気ポータルサイトなんですが。。。
これからの時代はモバイルマーケティングが活発になっていく
携帯端末でメールを見る理由は、常に手元にあること、手軽に閲覧できることが全体の8割以上を占める。
簡単に自分のサイトにアクセスしてもらえるQRコード
穴のあいた鍋はネットでは絶対に売れない、商品力をおろそかにしてはいけない
ソフトは頻繁にバージョンアップするがその費用対効果はいかがだろうか
WEBマーケティングの種類と戦略、ECサイトが成功する秘訣
投資対効果の検証方法と考え方【投資を無駄にしない対策】
 

毎月札幌で交流会を開催しています。
ただいま参加者募集中です。
【詳細はこちら】