商品の使い心地や使用感を説明しよう、商品イメージで購入されるか決まる【札幌市のセミナー情報】

サイトマップ
SEO対策WEBマーケティング講座
 

商品の使い心地や使用感を説明しよう、商品イメージで購入されるか決まる

このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 商品の使い心地や使用感を説明しよう、商品イメージで購入されるか決まる

ネット通販においてお客様の視点で商品を説明することは大切なことです。しかし、お客様は本当に商品が理解でてきていて納得して購入しているのでしょうか。


ネット通販では、商品を手に取って確認することができません。実際の商品を手にとって確認できないのと店員と直接を顔を合わせて話しをすることもできませんので、お客様の中で勝手に商品イメージを想像する部分が多くなってしまいます。


多くのお客様は商品を実際に見ないで購入しますので、パソコンの画面で確認できるイメージ写真がとても大切になります。お客様の目の前に実際に商品があるかのようなイメージ写真を載せることが大切です。


お客様は商品イメージを勝手に想像して購入している場合が多いです。通信販売では良いイメージを与えるかが購入に大きく関係してきます。その場合に必要なのが適切な商品ページを作ることです。


重要:客が商品を買うとき


・ランディングページを重要視する
・評判が気になる
・商品コンセプトが求めている内容なのか


お客様が一番最初に見るページをランディングページと呼びますが、通信販売でしたら商品ページのことを指す場合もあります。
ランディングページは注文を取るための一番重要なページになります。


例えば、広告をクリックした直後に見たページ、検索エンジンで見つけたページなどがランディングページとなります。
ランディングページの作り方次第でお客様の購入率も変わってくると言われています。


結論:ランディングページを作り込む


良いランディングページは、商品画像が多く使われていて、商品の細部までリアルにわかるページです。商品説明が丁寧に書かれていて使用感が理解できるなどの特徴があります。


商品説明の仕方で購入率が大きく変わってしまうと言っても良いでしょう。お客様は商品のスペック(概要)を知りたい訳ではありません。商品の使い心地や使用感を知りたいのです。


商品の使い心地や使用感が上手く説明できているページでは購入率がとても高くなるのです。


関連記事
ネットショップの売上と品揃えには大きな関係がある
常連客を増やすことが確実なマーケティングである
お問い合わせを活かせるかが成功の鍵、お客様の声に耳を傾けよう
レンタルカートシステムを選ぶときは慎重に、お客様にとって使いやすいカートが大事
ECサイト広告戦略の方法と広告の種類【WEB広告戦略の活用方法】
 

毎月札幌で交流会を開催しています。
ただいま参加者募集中です。
【詳細はこちら】