バナーをクリックさせるためにテキストの説明も必要、クリック率を上げる工夫をしよう【札幌市のセミナー情報】

サイトマップ
SEO対策WEBマーケティング講座
 

バナーをクリックさせるためにテキストの説明も必要、クリック率を上げる工夫をしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - バナーをクリックさせるためにテキストの説明も必要、クリック率を上げる工夫をしよう

バナー広告がクリックされる確率は非常に低いと言われていますが、なぜそんなに低くなってしまうのでしょうか。


バナー広告はポータルサイトなどに多く貼られていますが、掲載位置としてサイト上部の部分や右側サイドにたくさん貼ってあります。


これらのバナー広告の位置はサイトコンテンツにそれほど邪魔になる場所ではありません。サイトコンテンツの中にバナー広告を貼っている訳ではありませんから、特に注意して見ないと気がつかない場合が多いでしょう。


重要:バナーのクリック率を上げるには


 ・バナー画像を変更してみる
 ・ページの中のバナーの数を減らす
 ・バナーを貼る位置を変える


バナー広告のクリック率は0.1%程度と言われています。1000アクセスがあってやっと1クリックされる程度ですが、クリック率0.1%を1つの基準と考えることができます。


クリック率0.1%を下回る場合は、何かしらの理由があると考えられますので改善する必要があります。


例えば、バナー広告そのものを変えてみる、バナーのクォリティーを上げたりイメージを変えてみる、バナーの位置を変えてみる、テキスト広告に変えてみるなどの工夫が必要になるでしょう。


ページの中にバナー広告を貼りすぎていると、それぞれのクリック率も下がってしまう場合があります。一番クリック率が上がるのはバナー広告に誘導するようなテキストの説明を付け加えることでしょう。


結論:バナーにアンカーテキストで説明も入れる


バナー広告だけを貼った場合はクリック率は非常に低くなってしまいますが、バナー広告を誘導するようなテキストの説明を200文字程度付け加えるだけでクリック率は何倍にも上がります。


例えば、「このスキンケアを使い始めてからお肌がつるつるになりました!ちょっとびっくりですが、私は毎日使っています!」などと興味をひくテキストをバナー広告に付け加えるとクリック率が上がります。


このようにバナー広告のクリック率を上げるのには、バナーに関心が集まるように工夫する必要があるのです。


関連記事
バナーをクリックする理由とは?バナーのクリック率が低いのはなぜか
LPO対策を行うと購入率が格段にアップする、商品ページの作り込みは手を抜けない
動画サイトでは約7割の人がバナーをクリックした経験があり、3割がクリックした経験がない
キーワード広告は、その効果から限界の広告費が算出来る
今や副業の定番となったアフィリエイトは既に多くの企業が導入している
毎日沢山のメールマガジンが配信されているが多くは「ごみ箱」直行になっています。
フィリエイト広告はブランドイメージを左右する場合がある、しっかりと管理する必要がある
パソコンを購入した人がいたとしても理由まではわからないが
リスティング広告は急いでいるお客様には効果的、SEOと使い分けよう
SEOの費用対効果はどれくらい?費用対効果を検証する方法
キーワード広告は費用対効果がいいのか?キーワード選びとコンバージョン率
 

毎月札幌で交流会を開催しています。
ただいま参加者募集中です。
【詳細はこちら】