相互リンクではまず相手の良いところを褒めてみよう、相手も人間ですから【札幌市のセミナー情報】

サイトマップ
SEO対策WEBマーケティング講座
 

相互リンクではまず相手の良いところを褒めてみよう、相手も人間ですから

このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 相互リンクではまず相手の良いところを褒めてみよう、相手も人間ですから

相互リンクは現在でもSEO対策の方法として使われている手法ですが、相互リンクを何となく適当に行っている人が多いのではないでしょうか。


相互リンクは相手のサイトにお願いして相手サイトの運営者がOKした場合のみ成立するので、適当に行うことはとても損することがあります。


サイトを運営している人はそのサイトの運営歴が長いほどしっかりと運営していると言われています。
例えば、サイト運営歴が1年のサイトと、サイト運営歴が10年のサイトではサイトの内容や信用度が全然違うと考えられているのです。


そして、検索エンジンは長く運営されているサイトほど評価する傾向があります。逆に言うと運営してから間もないサイトはあまり評価しない傾向があります。


重要:相互リンクで得するコツとは?


 ・運営歴の長いサイトと相互リンクする
 ・自分のサイトを魅力のある内容にする
 ・相互リンクする相手のサイトを褒めてみる


相互リンクを行うときに運営歴の長いサイトに申請を行うことが非常にポイントになってきます。しかし運営歴の長いサイトは簡単には相互リンクをしてくれません。


相互リンクとは、自分のサイトと同じレベルであって、ページランクも同等であるという条件が揃っていないと申請しても拒否されることが多いのです。


それではサイトのレベルを上げるために毎日更新したり、サイトデザインを直したり、コンテンツを充実させなければなりませんが、このような作業を続けていくのには資金と時間と手間かかります。


資金が多くある企業では専門業者にWEB制作を頼んだり、サイトコンテンツを制作してもらう必要が出てくる可能性もあります。


これでは資金も時間ももったいないので、ちょっと知恵を絞って相互リンクを行う必要があります。
実際には申請申し込みをするメールをちょっと工夫するだけでいいでしょう。


結論:まずは相手のサイトをほめてみよう


まずは申し込みする相手のサイトをじっくりと観察して優れている部分を見つけてみます。その優れている部分をそのままメールで一言褒めてた内容を付け加えて申請してみるといいでしょう。


サイト運営者は自分の運営するサイトを褒めてもらう機会などめったりありませんから、非常に嬉しい気持ちになるのは間違いありません。同時に相互リンクも了解してもらえる可能性が大きくなります。


このようにお金と時間をかけないで評価の高いサイトから相互リンクしてもらう方法は意外と簡単だったりするのです。


関連記事
被リンクはトップページにするとは限らない、記事ページに被リンクされるケースも多い
ヨミサーチを活用したSEOは現在でも有効である、何もしないよりはましと考えるべき
クロスリスティングの効果とは、実際に被リンクを調べると一目瞭然
まずは相互リンクを実践しよう、無料でもSEOはある程度可能です
アフィリエイトのリンクはSEO効果はない、リダイレクトの場合はSEO効果がないので注意
YAHOOから評価されている被リンクとは?SEOで知るlink:使い方
クロスリスティングとJエントリーの登録SEO効果、費用対効果を検証する
ナチュラルリンクの意味とは何だろう?SEOを自動化する方法
相互リンクのSEO効果はあるのか、効果のある相互リンクの方法
トラックバックのSEO効果はあるのか、トラックバック機能の賢い使い方
有料ディレクトリ登録のSEO効果はあるのか?ディレクトリ登録サービスの一覧表
リダイレクトのリンクはSEO対策になるのか、被リンクの本当の意味を理解する
YAHOOカテゴリを確認してわかること・・・ヤフカテ登録と評価の基準
YAHOOビジネスエクスプレスのSEO効果はあるか?上位表示とメリットの検証
Yomi-Search(ヨミ・サーチ)のSEO対策とSEO効果・・・実際どうなのか
BPNディレクトリのSEO効果はあるのでしょうか、カテゴリ登録の本当の費用対効果
ナチュラルリンクとGoogleの関係、Googleが評価するリンクとは
 

毎月札幌で交流会を開催しています。
ただいま参加者募集中です。
【詳細はこちら】