レンタルカートシステムを選ぶときは慎重に、お客様にとって使いやすいカートが大事【札幌市のセミナー情報】

サイトマップ
SEO対策WEBマーケティング講座
 

レンタルカートシステムを選ぶときは慎重に、お客様にとって使いやすいカートが大事

このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - レンタルカートシステムを選ぶときは慎重に、お客様にとって使いやすいカートが大事

ネットショップを開店するためには、まずなんらかのカートシステムが必要になります。 この場合大きく分けて「ショッピングモール」への出店か「レンタルカートシステム」の使用かどちらかの選択になります。


ショッピングモールの初期費用は高い?


ショッピングモールは現在楽天市場、Yahoo!ショッピング、アマゾンの3社の寡占状態になっており、他のモールは「無いも同然」の状態です。


それぞれプランがいくつか用意されてはいますが、ある程度の初期投資は必要になります。
しかし、そもそもその程度の投資金額が用意できない場合ネットショップ事業に参入すべきで無いともいえます。


安いレンタルカートで店は作れるが


一方、レンタルカートの場合は月々1000円以下などというサービスもあります。
また、CMSというシステムを使い自分でレンタルサーバーにホームページを作り、決済用のカートを搭載することも可能です。
モールに出店する場合にくらべ、自分で制作をおこなえば初期の費用はかなり安く済みます。


問題は集客


どちらにせよ、一番の問題は集客です。
現在、日本には20万を超えるショップがあるといわれています。
新規開店する場合は、この膨大な数のショップと競争をしなければなりません。
そのため、新規出店の場合、出店先がモールであろうとレンタルカートであろうと、広告は必須です。


しかし、モールの場合は比較的広告の効果が事前に測定しやすく、長年のノウハウから費用と効果のバランスもそれなりにとれています。
一方レンタルカートなどで開店した場合、広告の出稿先の選択からSEO対策まで、全部いちからやらなければなりません。


集客方法をどうするのか?を考え、出店先を決めることが重要で、単純に初期費用だけで決定してしまうとあとから余計に費用がかかってしまうことになります。


関連記事
ネットショップの売上と品揃えには大きな関係がある
常連客を増やすことが確実なマーケティングである
お問い合わせを活かせるかが成功の鍵、お客様の声に耳を傾けよう
商品の使い心地や使用感を説明しよう、商品イメージで購入されるか決まる
ECサイト広告戦略の方法と広告の種類【WEB広告戦略の活用方法】
 

毎月札幌で交流会を開催しています。
ただいま参加者募集中です。
【詳細はこちら】