プログラマーとデザイナーの仲は良いのだろうか【札幌市のセミナー情報】

サイトマップ
SEO対策WEBマーケティング講座
 

プログラマーとデザイナーの仲は良いのだろうか

このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - プログラマーとデザイナーの仲は良いのだろうか

WEBを制作する職業としてWEBプログラマーとWEBデザイナーという職種があります。 どちらもWEBを制作する職業ですが、WEBプログラマーとWEBデザイナーはどのように違いがあるのでしょうか?


WEBプログラマーは主にcgiなどのプログラムの制作を担当しています。
最近のWEBサイトは動的にサーバー上で動作させてデータベース上のデータを表示させる仕組みのサイトが多いですから、特殊な動作をさせるにはプログラムを組まなければなりません。


WEBプログラマーの凄い技術


WEBプログラマーはparlやjavaなど様々な言語を使い分けてそのようなプログラムを制作しています。
そのかわりデザインはあまり得意ではなく、デザイン的な部分はWEBデザイナーと共同で制作する場合もあります。


WEBデザイナーの仕事とは


WEBデザイナーは主にWEBデザインを制作する作業を行っています。
特に商用サイトは見た目が大事ですので、クライアントの要望に応えれるようなデザインを制作したり修正したりします。


クライアントははっきりとデザインがイメージ出来ていない場合がありますので、何点かデザインを提案してその中からイメージを膨らませて行く場合があります。
WEBデザイナーはあくまでもクライアントのイメージを形にする仕事ですが、どのようなデザインを頼まれても希望に近いデザインを制作しなければなりません。


勘違いされる場合が多いですが、WEBプログラマーもWEBデザイナーもWEBマーケティングに精通した職業ではありませんので、マーケティングに関してあまり詳しくない場合があります。
売上を上げたいときにはWEBマーケティングに精通したWEBコンサルタントを別途雇うことも検討しなければなりません。


関連記事
HPは自分で作った方がいいか、それもと業者に頼むべきか
画像制作はWEB制作の肝である、画像制作ソフトを使いこなせることも必要
日本では95%以上の人がIEを使っている
パンくずリストがあった方がいいと言われている
法人個人ともに人間関係は大切です。上司の言うことは素直に聞きましょう。
ブログのネタを効率よく探す方法はある?更新に使えるネタ探しのテクニック
 

毎月札幌で交流会を開催しています。
ただいま参加者募集中です。
【詳細はこちら】