GoogleのSEO対策、YAHOOに導入されるgoogleエンジンの仕組み【札幌市のセミナー情報】

サイトマップ
SEO対策WEBマーケティング講座
 

GoogleのSEO対策、YAHOOに導入されるgoogleエンジンの仕組み

このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - GoogleのSEO対策、YAHOOに導入されるgoogleエンジンの仕組み

GoogleエンジンがYAHOOに導入された訳ですが、いったいどのようにYAHOOが変わっていくのでしょうか。まずは今までのYAHOO検索とGoogleエンジン導入後のYAHOO検索のロジックを研究して考えてみます。


そもそもなぜYAHOO!japanとGoogleが提携したのかを考えて見るといいでしょう。YAHOO検索は今まででも精度が悪い検索エンジンだと指摘されてきました。しかし、日本においてはインターネットユーザーの6割ほどがYAHOO検索をメインに使っている現状があります。


それに対してGoogle検索をメイン使う人は4割程度と少なく、検索精度はYAHOOより良いのに中々Googleになじめないユーザーが多いのが現実です。


世界全体ではYAHOOの利用率は1割程度しかないので、いかに日本のインターネットユーザーが独特の文化なのか理解できるでしょう。


アメリカのYAHOOはマイクロソフトのbingエンジンを導入することで検索精度を高めることに成功しました。しかし、日本語検索ではbingエンジンは得意ではありません。元のYAHOO検索より精度が悪くなってしまいますので、YAHOOがbingエンジンを導入することはまったく意味がない行為になるのです。


YAHOO!japanはGoogleと提携してGoogleエンジンを導入することで、日本語に強い検索エンジンになる大きなメリットがあります。同時にGoogleを使う人をこれ以上増やさない得策にもなるので、一石二鳥の効果があります。


YAHOOとgoogleの違い


 ① Googleはナチュラルリンクを評価する傾向がある
 ② 昔のYAHOOはナチュラルリンクと非ナチュラルリンクを両方評価していた
 ③ 今後のYAHOOでもGoogleよりは非ナチュラルリンクを評価する


ではGoogleエンジンが導入されたYAHOOと本家Googleの検索結果にはどのような違いが出てくるのでしょうか。それを理解するのにはまず今までYAHOOではどのようなサイトが上位表示になっていたのか理解するとわかりやすいです。


Googleでは自然に増えたリンクを重視する傾向があることは知られています。これは分かりやすく言えばSEO対策をやりにくくしているということでもあります。自然に増える被リンクとはそもそもどのような被リンクなのか考えてみると面白いです。


自然に増える被リンク(ナチュラルリンク)とは誰かが勝手にリンクを張ってくれる被リンクのことです。インターネットの中では誰かが勝手にリンクを張ることは日常よくあることです。話題になっているサイトほどその傾向は強くでてきます。


例えば、人気が出てきた歌手の公式サイトにはファンが勝手にリンクを張ってくれます。ファンが自分のブログから公式サイトにリンクすることは自然なことですから、その歌手の人気が出るほど被リンクが増える訳です。


ナチュラルリンクの評価


自然に増える被リンク(ナチュラルリンク)も昔のYAHOOでは評価の対象ではありましたが、ナチュラルリンクと非ナチュラルリンクを判断することがあまり得意では無かったことは事実です。


非ナチュラルリンクとは、サイトの運営者が意図的に増やした被リンクのことです。ここでは分かりやすいように非ナチュラルリンクと呼ぶことにします。


いわゆる非ナチュラルリンクとは今まで皆さんが行ってきたSEO対策とほぼ同じと考えていいと思います。YAHOOビジネスエクスプレスを利用してYAHOOカテゴリに登録するのも非ナチュラルリンクに含まれるでしょう。


あるいは無料の検索エンジンに登録することも非ナチュラルリンクを増やす行為です。このように非ナチュラルリンクを増やすとはSEO対策そのものと言ってもいいくらいの行為です。


しかし、Googleではナチュラルリンクは評価の対象に含みますが、非ナチュラルリンクはあまり評価しない傾向にあります。なぜGoogleは非ナチュラルリンクを評価しないのでしょうか。


非ナチュラルリンクとはサイト運営者が意図的に増やしたリンクです。被リンクを増やすことスパム行為とは言えませんが、意図的に被リンクを増やして検索上位にする行為はGoogleから見れば邪道と考えているのでしょう。


今後のYAHOO検索の方向性


ここまで理解できると今後のYAHOO検索の方向性が見えてくるはずです。つまり、Googleエンジンを導入した今後のYAHOO検索でも非ナチュラルリンクは多少評価する傾向があるとも考えられるのです。


例えば、YAHOOカテゴリに登録されているサイトは今後も多少評価される傾向があるでしょう。なぜかと言えば、YAHOOカテゴリはサーファー(カテゴリに登録する担当者)が手動で登録しているからです。


検索エンジンの精度が上がったからと言っても、人間が直接サイトを評価する方が信用できるでしょう。YAHOOカテゴリに登録されているサイトは今でも一定の評価を得てYAHOO検索に影響し続けると考えられます。


このような非ナチュラルリンクをGoogleはまったく評価しない訳ではありません。被リンクとしての評価はもちろんしていますが、それ以上の評価はしていません。


非ナチュラルリンクをどの程度評価するかが、YAHOOとGoogleの精度に影響を与えると言えるでしょう。


関連記事
初心者は格好のターゲットになっている
SEOは確かに重要だが知らないと損することも多い
googleのSEO対策は簡単ではない理由を知ることが大切です
独自ドメインは年間数千円のコストで大きなメリットがあるので不可欠である
書籍を検索エンジンで探すときは具体的な品名を入力する
googleダンスはやっかいもの、ダンスに惑わされないようにSEOしよう
商品によっては口コミの効果は大きいですが、SEOはあまり期待しない方がいい
SEOで有名な鈴木 将司は、SEOセミナーでも超有名です
YAHOOカテゴリには料金がかかりますが、カテゴリに登録すると評価がわかる
無料サーチエンジンはいろいろありますが、登録には十分気をつけましょう
ライバルサイトのSEOを蹴落とす事はできるか、本当に可能な方法
SEO対策は急ぐな!SEOで失敗する危険な方法とは
SEOは加点評価で決まる、SEOを成功させる評価の仕組みを知ろう
YAHOOで上位になるサイトの傾向とは?YAHOOからわかるSEO対策
成功報酬型サービスのSEO効果はあるのか?業者に頼む前に理解すること
SEO対策の基本を知ろう、サイトを自分で上位表示する秘策
本来のSEO対策(Google対策)、これからのSEO対策
SEO対策とは何だろうか、SEOの本当の意味を理解しよう
Googleに嫌われる理由とは?SEO対策でやってはいけない裏技
成果報酬型SEOサービスは上位になるのか?費用とSEO効果を検証
鈴木将司とは評判(レビュー)は良いのか?SEOセミナーの評判などの検証
SEO効果と検索エンジンの関係、SEO対策の成功で変わること
鈴木将司のSEOセミナーに関する評価、SEO対策のカリスマ・コンサルタント
アドワーズにSEO効果はあるのか【アドワーズの利点と欠点を検証する】
 

毎月札幌で交流会を開催しています。
ただいま参加者募集中です。
【詳細はこちら】