Googleに嫌われる理由とは?SEO対策でやってはいけない裏技【札幌市のセミナー情報】

サイトマップ
SEO対策WEBマーケティング講座
 

Googleに嫌われる理由とは?SEO対策でやってはいけない裏技

このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - Googleに嫌われる理由とは?SEO対策でやってはいけない裏技

Googleに嫌われるのには色々な理由があります。Googleから嫌われるサイトを作ると検索順位から落とされることがありますが、どのようなSEOを行うと嫌われるのでしょうか。この章ではやってはいけないSEOについて詳しく説明いたします。


Googleから検索順位が落ちるのには様々な理由があります。その中でも大きな理由としては、スパム的で汚いやり方でSEOをやる場合です。SEOのやり方を間違えると、場合によってはペナルティを与えられて検索順位を大きく落とす事になります。


Googleに嫌われるサイト


 ① トップページに多くの外部リンクを張っている(バナー、相互リンク、アフィリエイトなど)
 ② 無意味なキーワードを多く入れる
 ③ 同じキーワードを連呼する
 ④ 似たようなコンテンツを複数のサイトで使い回す
 ⑤ 他人のサイトからコピーして張り付けただけのサイト


多くのサイトで見られるケースは、トップページで相互リンクしている場合です。確かにトップページ同士で相互リンクするとページランクも上がって、検索順位が上がる場合があります。しかし、やり過ぎると検索順位が下がる場合があるでしょう。


このように多くの相互リンクをしているサイトは、検索エンジンから見れば、リンク集的なサイトと見られてしまいます。そのようなサイトはあまり価値がないとも受け取れます。Googleは一般ユーザーの目線でサイトを判断しています。ですから一般ユーザーが好ましくないと思うサイトはGoogleも好みません。


リンク集でも、ある一定のジャンルに絞ってリンクしているのはむしろ好まれる傾向があります。例えば、「新作ゲームのまとめサイト」として多くのゲームサイトにリンクしたとしても、ユーザーから見れば好ましい情報と言えるでしょう。


相互リンクはユーザーから見ても好ましいものではありません。トップページから相互リンクする場合は10サイト程度に抑えた方が無難です。相互リンク自体が駄目な訳ではありませんが、やり過ぎるのは危険ということです。


トップページにバナーを貼りまくると嫌われる


理由は似ていますが、トップページにバナー(外部リンク)を多く貼っているサイトは検索順位が下がることがあります。何かしらの理由でバナー(外部リンク)を貼らなければならない場合もありますが、出来れば外部リンクは張らない方がいいです。


外部リンクを張れば張るほど、他のサイトにページランクを与えてしまうだけで意味がありません。内部リンクならば、下階層のページにページランクを与えているので意味がありますが、外部リンクはまったく意味がありません。外部リンクを張る場合は、専用のリンク集のページを作った方がいいでしょう。


キーワードの入れすぎは嫌われる


ページの中にキーワードを入れ過ぎた場合は、ペナルティとしてGoogle検索順位が落ちることがあります。キーワードを多く入れて、何でもかんでも検索順位にするスパムが流行ったことがあります。そのようなスパムの対策として、無意味なキーワードが多く含まれているサイトにペナルティを与える場合があります。


ですから、意味がないキーワードをたくさん含ませるような行為はさけるべきでしょう。たしかに色々なキーワードを狙いたい気持ちはわかりますが、1ページの中にたくさん含ませるのは危険です。その場合は、複数のページに分けてそれぞれのキーワードを狙った方がいいでしょう。


基本的には1ページで1キーワード(複合キーワードも含む)を狙うのがベストです。1キーワードで無理のないSEOならば、使用する文章も自然になりますので、読みやすい文章になります。


パン屋のネットショップでキーワードを含める場合
良い例:クロワッサンのパンを専門に販売しているネットショップです。クロワッサンは・・・・
悪い例:クロワッサン アンパン クリームパン 食パン サンドイッチのネットショップです。


あと地域名を多く入れて色々な地域の人を狙うようなSEOを行っているサイトもあります。
例えば、東京 名古屋 大阪 福岡 札幌 奈良・・・・のように複数の地域名を並べてSEO対策しているのです。これは明らかに不自然なSEOです。もし各地域に支店がある場合は、それぞれの支店名が書いてあり、それぞれの支店の案内ページがあるのが普通です。


そうではなく、トップページにいきなり地域名を並べて書いているのです。このような意味がないキーワードをたくさん含めると検索順位を落とすことになります。もしそれぞれの地域で強調したいサービスがあるのならば、それぞれページを分けて紹介した方がいいでしょう。


東京の不動産ページはこちら、名古屋の不動産ページはこちら、大阪の不動産ページはこちら・・・のようにそれぞれページを分けていれば問題ありません。このように自然なSEOを行えば結果的に検索順位を上げることになります。


複製サイトを制作すると嫌われる


複製サイト(ミラーサイト)を制作した場合は、Googleで検索順位を落とすことになります。複製サイト(ミラーサイト)とは、ほぼ同じ内容のサイトを別のドメインでも運営してしまうことです。このような同じコンテンツのあるサイトは、どちらかが検索順位を落とす事になります。


もし同じコンテンツ(テキスト情報など)があったとしても、サイトの中で部分的使っているならば、複製サイト(ミラーサイト)とは言えないので大丈夫です。しかし、サイトの大部分が同じコンテンツになってしまった場合は、ページランクの低いサイトが検索結果から消えてしまいます。


ページランクの低いサイトは偽物のサイトとして検索結果から消されてしまうのです。これは複数のサイトを制作するときに、無意識にやってしまう場合があるので注意が必要です。例えば、全国に複数の店舗を持っている企業ならば、それぞれの店舗のホームページを用意したいと考えることがあります。


オリジナリティのあるサイトは好かれる


それぞれの店舗でオリジナルのホームページを作ればいいですが、どれも似たようなコンテンツになってしまうことがあるでしょう。その場合は、Googleからは複製サイト(ミラーサイト)と判断される可能性があります。


ですから、複数の店舗でホームページを立ち上げる場合は、コンテンツはできるだけ違う内容にした方がベストです。それぞれの店舗の個性を出せるようなホームページの方がユーザーにとっても利便性が高いでしょう。


もちろんコンテンツを別々に用意しなければならないので、それだけ手間がかかります。でもSEOをしっかりとやりたいのであれば、ある程度の手間をかけないと駄目です。それぞれのホームページにオリジナリティを出して、出来るだけコンテンツをかぶらないようにした方がGoogleから好かれるでしょう。


Googleから嫌われないサイトを作るのには結構手間がかかるのです。どこかのサイトからコピーして張り付けた「手抜きサイト」は嫌われる傾向があります。


関連記事
初心者は格好のターゲットになっている
SEOは確かに重要だが知らないと損することも多い
googleのSEO対策は簡単ではない理由を知ることが大切です
独自ドメインは年間数千円のコストで大きなメリットがあるので不可欠である
書籍を検索エンジンで探すときは具体的な品名を入力する
googleダンスはやっかいもの、ダンスに惑わされないようにSEOしよう
商品によっては口コミの効果は大きいですが、SEOはあまり期待しない方がいい
SEOで有名な鈴木 将司は、SEOセミナーでも超有名です
YAHOOカテゴリには料金がかかりますが、カテゴリに登録すると評価がわかる
無料サーチエンジンはいろいろありますが、登録には十分気をつけましょう
ライバルサイトのSEOを蹴落とす事はできるか、本当に可能な方法
SEO対策は急ぐな!SEOで失敗する危険な方法とは
SEOは加点評価で決まる、SEOを成功させる評価の仕組みを知ろう
YAHOOで上位になるサイトの傾向とは?YAHOOからわかるSEO対策
GoogleのSEO対策、YAHOOに導入されるgoogleエンジンの仕組み
成功報酬型サービスのSEO効果はあるのか?業者に頼む前に理解すること
SEO対策の基本を知ろう、サイトを自分で上位表示する秘策
本来のSEO対策(Google対策)、これからのSEO対策
SEO対策とは何だろうか、SEOの本当の意味を理解しよう
成果報酬型SEOサービスは上位になるのか?費用とSEO効果を検証
鈴木将司とは評判(レビュー)は良いのか?SEOセミナーの評判などの検証
SEO効果と検索エンジンの関係、SEO対策の成功で変わること
鈴木将司のSEOセミナーに関する評価、SEO対策のカリスマ・コンサルタント
アドワーズにSEO効果はあるのか【アドワーズの利点と欠点を検証する】
 

毎月札幌で交流会を開催しています。
ただいま参加者募集中です。
【詳細はこちら】