発売から2ヶ月弱で200万台を販売したiPad【札幌市のセミナー情報】

サイトマップ
SEO対策WEBマーケティング講座
 

発売から2ヶ月弱で200万台を販売したiPad

このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 発売から2ヶ月弱で200万台を販売したiPad

先日話題のipadが日本でも発売されました。iPadはモバイルという位置づけではありませんが、豊富に用意されたアプリも魅力の一つです。


ヤフーバリューインサイトの調査によれば、携帯電話のアプリ機能の利用頻度は、「ほぼ毎日」が61.1%と最も多く、次いで「週に2~3日」(11.1%)、「週に4~5日」(9.3%)の順で、「ほぼ毎日」から「週に1日位」を合わせた「週に1日以上」は88.5%と高い利用頻度になっています。


重要:モバイルアプリケーション開発のビジネスとは?


 ・端末の特性を活かす
 ・未開拓の分野が多い
 ・販路はダウンロードが中心


あるピザの宅配チェーンでは携帯のGPS情報を利用することで、野外からでも注文を可能にして、公園でお花見をしているところに配達をするといったサービスを可能にしました。携帯の特性を使い今まで無かったマーケットを開発した良い例でしょう。


アプリの歴史は浅く、特に初期は端末に対するリテラシーの高い層を中心にしたものが多かったため、まだまだ未開拓な分野が多く残されているのも魅力です。


結論:人気アプリケーションは最初に作った人が有利になる


今後爆発的な広がりが期待できる分野だけに、ライバルに先駆けて新規サービスを展開することで大きな優位性を築くことも可能でしょう。


モバイルマーケティングの分野では、携帯端末を従来の「小型のPC」という位置づけではなく新しいデバイスとしてサービスを構築していくことが有効なモバイルマーケティングへと繋がります。


関連記事
ipadは日本では売れるのか?アップルのしたたかな戦略法
価格破壊はマーケティングに必要か?デフレ時代を生き抜くコツ
コーヒー無料や格安クーポンを配布しても利益があがる構造とは?
芳香剤が置いてあることが多い飲食店のトイレ。しかしただの誤魔化しに過ぎない
クレームは固定客獲得の最大のチャンスのひとつ
今や無印良品のブランド力は広く認知されている、他の企業に真似の出来ないブランディングに成功している
ブルー・オーシャン戦略とは青い海で自由に泳ぐイメージだが、実際には非常にリスクのある戦略です
顧客になりそうなお客様にはカタログを送る、ダイレクトマーケティングは効果的です
商品コンセプトのターゲット戦略と、商品開発のマーケティング戦略
製品開発のターゲット戦略!的を絞った売れる商品の作り方とは
マクドナルドとユニクロとデフレの関係、低価格戦略で成功するマーケティング
消費者に想像させる戦略とは何か、商品販売のマーケティング心理
オークションの人間心理とは?なぜ商品が欲しくなるのか
マクドナルドの成功するマーケティング方法【マックから学ぶ成功法則】
商品の価格と売上&利益の関係について【デフレでも売れる商品と値段とは】
無印良品のブランドコンセプトとは何だろう【無印が売れるマーケティング戦略】
 

毎月札幌で交流会を開催しています。
ただいま参加者募集中です。
【詳細はこちら】